潜在意識を経由した宗教創始者からのメッセージ


私の潜在意識にどんなテーマがいいか聞いたら「潜在意識を経由した宗教創始者からのメッセージ」と答えてきました。


そんなことが可能ですかと聞きましたが、試してみたらどうですかと答えてきたので試してみました。

-------------------------
私と私の潜在意識との会話が続きます。。。。。。。。


A:仏教はどうですか。それでは始めてください。


Q:ブッダ様、馬場博と申します。今まで何度もお話させていただいたことがありますが、今、お話いただくことは可能でしょうか。


A:馬場さんですね。いいですよ。


Q:有難うございます。お話いただきたいのは現在の仏教のあり方についてです。


初期の、ブッダ様のお気持ちがほとんど反映されていない感じがありますがいかがでしょうか。


A:まさしく、その通りですね。ほとんどのものが形骸化し、仏教本来の目的をはたしていません。


しかしながら、これ以上仏教は不要ということではないと思われます。


他の宗教も同じですが、その宗教を始めた時の気持ちはとても純粋で、貴重なものであり,今がだめだからすべてだめということではありません。


初めてから時期を経て、修正が必要ということなのです。


今の時点では、あなたの発見で潜在意識との会話というものが可能となっています。


これは多くの人にも実現可能と思われますが、この方法を利用して、宗教の教祖を含めたネットワークを作り上げるべきです。


今や、仏教だ、キリスト教だ、あるいはイスラ教だと、自分の宗教だけに固執する時代は終わらせるべきです。


すべてを拒絶するのではなく、それらをすべてネットワークでつなげ、統合化してゆくことにより、さらに偉大な、さらに効果有るものとしてゆくことが可能なのです。


このことに、私は反対しません。むしろ積極的に協力するものです。イエス様も同じ事を言われますよ。


また、現在の仏教に対して、仏教を始めたブッダとして言いたいことがあります。


本来の仏教に立ち返って欲しい。布施の行いは間違っていません。布施をすることにより、その人が救われた気持ちになるからです。でも、本来の意義から逸脱し、金儲けだけのための布施の行為は許されない。


戒名も同じ、さらに葬式の本来の意味を理解していない僧侶が多すぎる。葬式は死者に本人が既に死んでいることを悟らせ、死後どうすべきかを教えるためのもの、また、残された遺族に、今後どうすべきかを教えるためのものです。そういったことを理解せず、意味もなくお経だけを唱えている僧侶がいかに多いことか。


僧侶を自分の仕事とするならば、もっと修行をするべきである。


Q:ありがとうございます。他に、何か付け加えたいことはありますか。


A:いいえ、特にありませんが、以前にも言いましたが、馬場さんのこの方法は素晴らしいですね。私の気持ちがこれだけ表現できるなんて、驚くべきことですね。


Q:私のほうが、びっくりしています。ブッダ様からこれほど熱いメッセージがいただけるとは思ってもみませんでした。


---------------------------------
Q:イエス様、馬場です。今、お話いただくことは可能ですか。


A:イエスです。ブッダ様のお話を聞いていました。私も全面的にブッダ様の考えに賛成です。


本来のキリスト教そのものは、貴重なものであり、当時の人たちを多く救ってきました。今でも多くの人たちを救ってきているのは事実ですが、改めるべき所も多くあります。


私が始めたころの本来の意義が生かされていない所が多数あります。


私が宗教活動した期間はとても短いものでした。それが今でも悔やまれますが、その短さにも係わらず、未だに多くの人を救えているということには誇りを感じています。


でも、今や修正の時が来ています。仏教だ、キリスト教だ、いやイスラム教だといって、戦争まで起こして、人を死においやるなんてもってのほかです。今まで宗教戦争は数多く起こってきましたが、これ以上続けるべきではありません。


個々の宗教が良くないということではありません。その宗教のみが正しいと主張することが、良くないと言っているのです。2000〜3000年前であればそれもいいでしょう。


でも、今やそういった時期は終わり、もっと高い視野で思考すべき時代になってきています。


私が始めたキリスト教を信じる皆様、キリスト教は偉大なる宗教ですが、不変のものではありません。また、時代とともに形骸化してきているので、常に初期に立ち返り、さらに新しく生まれ変わるべきことを信じてください。


そうして、「愛と信じるということは、永遠に不滅のものである」ということを改めて認識してください。


Q:ありがとうございました。他に何かありますか。


A:これだけ私の気持ちが伝わるなんて久々です。思わず熱くなってしまいました。


人間の肉体が滅んでも、心は生き続けます。私も同じです。心の世界で行き続け、あなたたちをずっと見守っています。


これが事実であることを信じてください。人が心として生き続けるという事実を認識できれば、死ねばすべてが終わるという無責任な行動はできないはずです。多くの人にこのことに気づいて欲しいと願っています。


-------------------------
私の潜在意識の言われるままに、ブッダ様とイエス様にメッセージをもらいました。ここまで記事を書いてきて、この記事を読まれる多くの人がブッダ様やイエス様と話が出来るはずがないと思われると感じました。私もそれが当然のことだと思います。そう考えて、再度このことに関して、ブッダ様とイエス様にお話していただきました。
-------------------------


Q:ブッダ様、先ほどお話いただきました、馬場です。少し、心配がありまして、再度お声をかけています。


この記事を読まれる多くの人がブッダ様やイエス様と話が出来るはずがないと思われると感じました。私もそれが当然のことだと思います。


このことに関して、今一度お話いただけますでしょうか。


A:馬場さん、ブッダです。馬場さんが言われることはよく分かります。多くの人は私がこのように話をしていることを信じられないと思うことでしょう。そう感じるのは当然かもしれません。


このように私と話が出来る人はまれです。通常私と話をされる方は瞑想を通じて話をします。瞑想は、長い修行の結果初めて可能となります。また、瞑想ができるだけでは話ができるとは限りません。お互いの波長が合わないと話ができないのです。


ところが、馬場さんの場合、「潜在意識との会話法」というメモの方法を利用しています。これを利用すると、質問をメモするという方法により、馬場さんの考えがとても明瞭に伝わってくるのです。


もちろん、心の波長が合わないと交流できないのですが、この方法のカバーできる波長の帯域の幅がかなり広いように感じます。


素直な心と人の役に立ちたいという気持ちがあれば、かなり多くの人に伝わるように感じます。


当然、私の気持ちも関係します。私には、多くの人を救いたい、助けたいという強い気持ちがあります。また、ブッダがこうして今もなお、生き続けているということを知ってほしいという気持ちがあります。さらに、私が教えを説いていた時は、ごく一部の地域に限られていましたが、今はそういう時代ではありません。そういったことを、どうしても多くの人に知って欲しいという気持ちがあったからです。


私が説いてきた、「中庸、八正道、生老病死」という教えは今もなお、多くの人の心に生きています。これらが間違いだと言っているわけではないのです。キリスト教、その他の宗教をすべて現状に合わせて見直し、再統合すべき時がきていると言っているのです。


私が地上を去った後、多くの人の前で私が直接語りかける場はほとんどありませんでした。馬場さんが見つけた潜在意識との会話法を利用して、私の気持ちが少しでも多くの人に理解してもらえればと期待しています。


Q:お話、ありがとうございました。よく分かりました。


---------------------------------
Q:イエス様、馬場です。先ほどのお話に加えて、どうしてイエス様が私と話ができるのかについてお話いただけないでしょうか。


A:イエスです。馬場さんとは今までも何度もお話しています。先ほど、ブッダ様が言われたように、普通の人が私と話が出来ることはまれです。


地上を去った多くの人は、地上の人々との交流を強く望んでいます。私も同様です。でも我々がいかに強く交流を望んでも、我々のメッセージを受け取れる人はまれです。


ところが、馬場さんの方法を利用すると、お互いの交流がとてもスムーズになるのです。


我々が地上の人々と話したいという気持ちがある限り、また、地上の人々が我々と話したいという意思があるならば、「潜在意識との会話法」はとても効果があるようです。


多くの潜在意識がこの方法を利用したがっています。


話を戻しますが、私が馬場さんのお話に参加した理由は、私が地上を去った後、今でもこのようにイエスの意識として生き続けていることを多くの人に知ってもらいたいからです。


また、地上の人々が気がついていない真理・真実というものが、厳然として存在するということを、宗教という枠を超えて、認識してもらいたいからです。


信じるということは、今でも大切なことです。でも、事実は事実、こうした事実が間違いなく存在するということを、あるいは存在し得るということを認識して欲しいからなのです。


イエスが馬場さんと話をするはずがないと思わないで下さい。私は可能であれば、出来る限り多くの人と話をしたいのです。私が人を差別したことがありましたか。罪人でさえ許しているのですよ。悩みを持つ人々を一人でも多く救いたいというのが、私の偽りのない気持ちなのです。


私の心からのメッセージを受け取ってください。


Q:貴重なお話、本当にありがとうございました。

-----------------------------
ブッダ様とイエス様から2度にわたるメッセージをいただきました。とても信じられないというのが正直な気持ちです。でもその内容は、私自身が一人で作り出せるようなものとはまったく違い、中身の濃いものと感じています。

 





潜在意識と会話する具体的な方法は

心のよりどころ、潜在意識との会話の方法を発見

を参照ください。


確実に実践できるよう、私の自宅(横浜市鶴見区)にて自宅セミナーも開催しています。ご都合の良い方はご利用下さい。


 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。