潜在意識に聞いた3次元の世界で生きる意義


3次元の世界で生きる意義について、いつもご指導いただいている潜在意識に聞いてみました。

---------------------
Q:3次元の世界で生きる意義について、お話しいただけないでしょうか。


A:分かりました。


Q:この世は縦・横・高さという3つの要素を持った3次元の世界です。人の心はもともと4次元以降の潜在意識の世界の存在ですが、3次元で生きる時は、肉体という3次元の存在の中に入って生活します。そして、肉体が滅ぶと心は4次元の世界に戻ります。


4次元以降の潜在意識の世界にいる時は、他の人の心は素通しとなり、波長の合うもの同士でしか交流しなくなるため、お互いの心の成長が停滞ぎみとなってきます。


このため、心の修行の目的で、3次元の世界へ送られてくるのです。


心が3次元の肉体の中に入ると、本来の能力が制限され、他の人の心が分からなくなります。


このため、心の波長の異なるいろいろなレベルの人たちが一緒に交流することが可能となってくるのです。


当然、様々なトラブルに遭遇します。これがとても良い修行となるのです。その結果、4次元以降の世界では停滞気味となった心の成長がうながされることになるのです。


これが、3次元の世界で生きる意義なのです。


ところが、3次元の世界に生き、自分が4次元以降の存在であるという認識がなくなり、3次元の存在だと思い込んだ結果、死んだらすべてが終わる、自分がどう生きようと自分の勝手だという無責任な考え方をする人が増えてきたのです。


これはとても困った状態なのです。本来の修行が逆に心のレベルの後退につながる人が増えてきたのです。


4次元以降の世界でもこれを問題視し、3次元の世界にいる人間に、本来は4次元以降の存在であるということを認識させる働きかけの一環として、最近、「潜在意識』という言葉があちこちでみられるようになってきたのです。


今、このブログでお勧めしている「潜在意識の会話法」はたまたま見つけた方法ではありますが、こういった流れの中にあり、とても意味の有る手段なのです。


多くの人に試していただき、自分が4次元以降の存在なのだという認識を取り戻してもらえればと期待しています。


自分の潜在意識の指導の下に、きびしい3次元の世界を生き抜いて欲しいと願っています。それでこそ、3次元で生きる意義が出てくるものと感じています。





潜在意識と会話する具体的な方法は

心のよりどころ、潜在意識との会話の方法を発見

を参照ください。


確実に実践できるよう、私の自宅(横浜市鶴見区)にて自宅セミナーも開催しています。ご都合の良い方はご利用下さい。


 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。